[夏休みクーポンでオトク]アディダス リュック バッグ TANOPS バックパック FYP24 [取寄]











透木(すきぎ)は「敷木」から転訛し、釜の羽を支えて通風を良くするのに用いられます。
炉の透木は、桜の咲く季節から、風炉に移るまでの間に使用されます。
炉壇の左右中央に置き、釜の羽の幅が狭い時には、やや内側に置きます。
柚子肌に桜の地紋が美しく、甑の少し低い輪口で、円山のかん付です。
蓋は一文字蓋に透かしの摘みです。

「大きさ」
羽込み胴直径 約33cm 口造り直径 約12cm 底から甑上部までの高さ 約17cm 底から摘み上部までの高さ 約22cm 火受直径 約14cm 羽幅 約5cm

「作家」西村 光寿


※こちらの商品はお取寄せになりますので、お届けまでに約2週間かかる場合がございます。



商品説明
名称茶道具
大きさ羽込み胴直径 約33cm 口造り直径 約12cm 底から甑上部までの高さ 約17cm 底から摘み上部までの高さ 約22cm 火受直径 約14cm 羽幅 約5cm

材質鉄製
商品説明画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。ご了承ください。
販売者みのる園
〒703-8256
岡山県岡山市中区浜478-8
(086)272-1876


簡単な道具の説明
茶道は、立派な茶室や、高価な茶道具を揃えなけ ればできないというものではありません。手許に あるちょっとした品を使って、静かに楽しめるも のです。季節や会の内容にあわせた、道具の妙を感じるのも、お茶の世界の楽しみのひとつです。
「茶巾」

茶碗を掃き清める布です。
これに用いる布は、奈良布、高宮布、照布などです。
大きさは、大体30cm×15cm くらいです。

「茶杓」

茶を掬うものです。 竹の節なしを真の茶杓、桑または竹の節が切止にあるのを行の茶杓、竹の中節、桑以外の木で作った ものを草の茶杓といい、使用する道具、点前の種類によって、茶杓の種類も変わります。

「薄茶器」

薄茶点前で、茶を入れる漆の容器を薄茶器といいます。
漆器で形が棗の実似ているところから、棗といわれています。型は、利休型の大、中、小があります。

「茶筅」

薄茶を点てたり、濃茶を練ったりするための道具です。
用材は竹です。 白竹、燻竹、青竹の三種類があります。 茶筅はその穂の数によって、数穂、中穂、荒穂などに分かれております。

「抹茶碗」

茶碗は、お茶を飲むという実際的な役目と、鑑賞の面から、両々相まって万人に愛されるものです。 茶人に高く評価される茶碗として、自然な佇まいのなかに風格を感じさせるものが良いとされています。

「帛紗」

亭主が道具を清めるのに必要な布地です。 女性は朱色もしくは赤色、男性は紫色を使います。

「懐紙」

お菓子をのせたり、茶碗の飲み口を拭い清めた指を拭いたり、色々と使い道のある紙です。

サイト内検索

試写会情報

【お1人様1点限り】 炉釜 透木釜 茶道具 桜川地紋-鉄瓶

【お1人様1点限り】 炉釜 透木釜 茶道具 桜川地紋-鉄瓶

↑ページ先頭へ